WEB制作知識

サイト、アプリのユーザビリティを向上させるポイント

■ボタンじゃない要素はボタンと似たデザインにしない
■リンクテキストは、普通のテキストと違ったスタイルにする
■意味が伝わらないアイコンは使わない
■よく使うボタンは移動しなくても見えるようにしておく
■クリックはできる限り減らす
■ユーザのアクションに反応する
■ユーザを待たせるときは、処理中であることを伝える
■戻る選択肢を残してあげる
■入力ミスはその場で指摘する
■プルダウンよりラジオボタンの方がユーザの負荷は少ない