WEBディレクターについて

【現役WEBディレクターが教える】WEBディレクターの役割と年収

こんにちは。sansoと申します。
現在、WEB制作会社で勤務している20代後半の男です。WEBディレクター歴は2年です。
この記事ではWEBディレクターの仕事においての役割や年収をご紹介できればと思います。

昨今、かなり求人数や社会的にも需要が伸びてきているWEBディレクターですが、実際にどんな仕事をしているのか分かりづらい部分多々あると思います。
WEBディレクターとはどんな職業なのでしょうか。またどのくらい稼げるのでしょうか。

WEBディレクターとは?

WEBディレクターとはWEBサイトを構築するにあたりプログラマーやデザイナーをまとめプロジェクトを進行するいわば「指揮者」です。お客様からの要望を正確に把握し、目的を達成するために必要な道筋を立てていく必要があるため、WEBデイレクターに求められる知識は非常に多岐に渡ります。
プログラミングやデザインの知識も必須です。
また、新しい情報にもアンテナを張り自分の知識を更新していくことも非常に大事です。

実際私も普段の仕事で言えば

  • お客様の要件定義
  • サイトマップ(サイト構成)の作成
  • 見積書の作成
  • ワイヤーフレーム(サイトの設計図)の作成
  • スケジュール作成
  • デザイナーへの依頼
  • コーダーへの依頼
  • 各工程でお客様への確認


上記のような仕事をしています。

WEBディレクターの年収は?どのくらい貰えるの?

WEBディレクターに興味があっても転職してあまりにも給料が低くなったら嫌ですよね。
さまざまな求人サイトのデータを確認してみると、Webディレクターの年収は、400万円~500万円ほどと推定されます。全体的な平均年収と比較しても決して低くはない水準です。


ですが正直もっと貰えるかなと思っています。
現在WEBディレクターの市場価値はどんどん上がっていますし、実力的な部分が大きいのかなと思います。
ちなみに私はWEB制作会社の社員として現在20代後半ですが、この額くらいはもらっています。
人によって収入に差がある職業ですが、基本どの職業でもそれは同じですよね。

年収に加えて、WEBディレクターの良さとしてかなりおすすめな部分としてはどこでも働けるということです。スキルや経験さえあれば一つの会社に依存することなく生きていくことができます。
今働いている会社での人間関係でストレスが溜まるようであればすぐに転職してしまえば良いのですから、経済的な部分以上に精神的なメリットも大きいかなと思います。

今の時代大企業で勤めていてもそこまで給料は上がらないと思います。
自分が何ができるのか。そういった希少性が非常に大事になってくると思いますし、そういった人にお金が集まる時代です。そういった意味でもWEBディレクターはかなりおすすめです。